佐野市 整体院なら腰痛 骨盤矯正が得意な「Dr.style」

佐野市 整体院なら腰痛 骨盤矯正が得意な「Dr.style」佐野市 整体院なら腰痛 骨盤矯正が得意な「Dr.style」

施術実績No.1
完全予約制
イオンタウン佐野1F
栃木県佐野市浅沼町742
MailMail
受付:9:00〜20:00(最終予約19:00)
定休日:日曜 祝日
施術実績No.1
完全予約制
佐野市 整体院なら腰痛 骨盤矯正が得意な「Dr.style」
イオンタウン佐野1F 栃木県佐野市浅沼町742
お客様 大満足の声
当院が 選ばれる理由
BLOG 院長のブログ
facebook LINE@ エキテン

カテゴリー: 佐野市 整体情報

佐野市 更年期障害と腰痛の関係

その腰の痛み、もしかすると更年期障害の一種かもしれませんよ。

【更年期障害と腰痛の関係】

更年期障害とは、ホルモンの分泌バランスが崩れ、それが原因で体調不良が出現する自律神経失調症の一つです。
40代以降を更年期といい、その時期から次第に卵巣の機能が衰え始め、卵巣から分泌されていたエストロゲンが減少します。

エストロゲンは、女性にとってすごく大事なホルモンです。
女性らしい体づくりに美肌、丈夫な体(骨の形成)、安定した精神面(自律神経の調整)などあらゆるところで必要とされています。

そのためエストロゲンの減少はすごく深刻で、減少とともに、骨がもろく血管収縮が活発になります。
すると骨粗しょう症、動悸、息切れ、さらには、自律神経の乱れが起こるため、頭痛、肩こり、もの忘れやイライラ、うつ状態に脂質代謝異常、乳房の萎縮、などの全身に関わる症状が見られます。

その中の一つに腰痛があります。
骨の形成に関わるエストロゲンの減少は、健康的な骨作りができず、次第に体を支える土台がもろくなります。

そのため、主に腰への負担が大きくなり、慢性的な腰痛として症状が現れるのです。
また更年期障害の腰痛は、変形性脊椎症を併発していることもあるので、初期の段階で対処するようにしましょう。

【腰痛をともなう更年期障害を改善するには】

およそ10年前後ととても長い時間続くこともあるので、「一刻も早く治したい!」と力むのではなく、「上手に付き合っていこう!」と気軽にとらえるのが一番の方法です。

ただ、症状が重すぎる場合は、うつ病へと繋がる危険性も高いため、我慢せず、プロの力を利用するようにしましょう。
その他軽度の場合は、体のゆがみを整えたり、筋肉の緊張やハリをほぐす、リラックス効果をはかるなどの方法で、腰痛を含む様々な症状が緩和します。

中でも人気なのが、整体、接骨院です。
更年期障害は、40代以降の中高年が必ず発症するものではありません。

一生を通じ、まったく症状が現れない人から、軽度の症状だけで治まる方、入院を余儀なくされるほど重症化する方など人によって様々です。
この違いは、体の歪み(骨盤のゆがみ)が大きく関係しているといわれていることから、骨のプロ接骨院や整骨院の施術が有効と評価されています。

接骨院、整骨院等では、薬や特別な器具を使用せず、手技をメインとしたマッサージが一般的。
緊張した体をときほぐし、リラックス状態を作ることで血液が正常に流れます。

血液は栄養や酸素を運ぶという働きがあるので丈夫な骨の形成に必要な栄養をしっかり届けてくれます。
そして、質の高い骨を形成、その周辺の筋肉やじん帯等で、骨をしっかり支えることで、腰痛が緩和してきます。

接骨院では、腰痛だけでなく、健康的な体を取り戻すのを目的としているため、更年期障害で見られる様々な症状対策にも最適。
初めて利用する方にも安心のソフト整体なので、一度も経験したことがない方でも気軽に相談できます。

その他にも減少するエストロゲンを補うことで更年期障害の諸症状を軽減すること可能。
その場合、婦人科への受診が必要で、女性ホルモンの補填治療が進められます。

最近では、更年期でなくても若くして更年期障害のような症状を抱える「若年性更年期障害」等も確認されているので、30代前半と若くても、腰痛やその他気になる症状がある方は、すぐに病院で詳しい検査を受けてください。

佐野市 更年期障害と腰痛の関係なら、「Dr.style」にお任せください。

佐野市 筋肉疲労

スポーツを本業としている方、もしくは一般の方でも1日に何時間も身体を動かすなどし、筋肉疲労や筋肉痛を起こす場合があります。
筋肉疲労や筋肉痛をそのまま放置すると、様々な腰痛の原因となるので、注意が必要です。

ここでは、筋肉疲労や筋肉痛のメカニズム、改善方法や予防法などを紹介します。

【腰痛の原因となる筋肉疲労って?】

筋肉疲労には、肉体的な疲労とメンタル面が影響する疲労があります。
それぞれの特徴を詳しくみてみましょう。

1・肉体的筋肉疲労

運動、立ち仕事、デスクワークや家事育児など、同じ動作、姿勢を長時間繰り返し行うことで発生するのが「肉体的疲労」です。
諸説ありますが、

・乳酸が原因

身体を激しく動かすこと、また同じ姿勢を長時間続け筋肉に負荷を与え続けることで、筋肉の収縮が激しくなります。
その結果、酸素の供給が間に合わず、ブドウ糖が不完全燃焼となります。

そのとき燃えカスとして発生するのが、乳酸です。
乳酸は筋肉の中に蓄積。

すると血液の流れを阻害し、疲労を感じるようになるといわれています。

・痛み物質が原因

傷ついた筋肉やその周辺の組織を回復させる際、炎症が起こります。
そのとき発生するのがヒスタミンやセロトニン、ブラジキニンなどの痛み物質です。

痛み物質は、筋膜を内側から刺激するため、これが疲労と感じます。

2・精神的筋肉疲労

身体を動かすことによって発生する筋肉疲労とは異なり、精神的疲労とはストレスが主な原因です。
仕事、人間関係、環境要因など、何かしらの悩みを抱えると人は、それがストレスとなって、自律神経の乱れを発生させます。

自律神経は、心臓や血管、その他各機能の働きに関与しているため、全身に関わる不調として現れます。
筋肉疲労のそのひとつで、筋肉疲労以外に倦怠感、脱力感、胃腸障害や首、肩、肩甲骨の筋肉のコリなどがあります。

【筋肉疲労による腰痛を早く治すには】

1・適度に身体を動かす

激しい運動や同姿勢による身体への負担により乳酸が筋肉中に蓄積したことが原因なのに、なぜ軽めの運動が必要なのか。
と疑問に感じる方も多いと思います。

しかし、激しい運動や長時間の筋肉負担によって筋肉中に蓄積した乳酸を体外に排出しなければ、いつまでたっても腰痛などの痛みを取り除くことは出来ません。

そのためには、緩やかに身体を動かしたり、ストレッチで筋肉の柔軟性を高めることが必要です。

2・有酸素運動を行う

その他、有酸素運動は、筋肉や血管を柔らかくして、乳酸の排出効果が高くなります。
早歩き程度のウォーキング等が最適ですが、すでに筋肉疲労による腰痛がひどい場合は、身体への負担が最も軽い水中ウォーキングなどをとりいれるようにしましょう。

3・入浴で身体を芯から温める

肉体的疲労だけでなく、入浴は精神的筋肉疲労改善にも効果的です。
血行促進によって、乳酸の排出を促すだけでなく、傷ついた細胞も修復できます。

特に腰痛や痛みを強く感じる部位に関しては、冷水と温水を交互にかけることで、血行促進効果が高まり、早期疲労回復が期待d系増す。
ただし、患部に熱が帯びるほど痛みを感じる場合は、温めることで痛みや炎症を悪化させることもあるので、その場合の入浴は避けましょう。

4・クエン酸で筋肉疲労を回復する

筋肉疲労は、酢やレモンに含まれるクエン酸が回復や予防効果に優れているといわれています。
中でも栄養たっぷりの黒酢には、BCAAと呼ばれるアミノ酸が含有され、筋肉のたんぱく質分解を抑制し、筋肉損傷や疲労回復が早いのが特徴。

日常的に摂取することで、筋肉疲労による腰痛が予防できるので、習慣化させるのもいいかもしれません。

佐野市 筋肉疲労なら、「Dr.style」にお任せください。

佐野市 急性腰痛症 

急性腰痛症とは、いわゆるぎっくり腰のことです。
「びっくり腰」「魔女の一撃」等各地域、場所によって俗称は異なりますが、誰にでもおこる危険性がある腰痛症です。

そのため、いざという時に慌てず、正しく対処するためにも、今一度「急性腰痛症」について知っておいてください。

【急性腰痛症とは】

突如、激しい腰の痛みが襲うのが主な特徴となる急性腰痛症、通称ぎっくり腰は、文字通り「急に痛みが起こる腰痛」です。
あまりの痛みに声を出す事も、動く事もできないほどで、一人では、どうすることも出来ない状況に。

周囲に人がいれば、すぐに助けを求める事もできますが、万が一、一人の時に急性腰痛症になってしまったら・・・と考えるとすごく怖いですよね。
でも、急性腰痛症とは、関節の捻挫と同じく、筋肉の損傷や炎症と同じです。

そのため、激しい痛みはあるものの、正しく対処できれば、治ります。
ただし、そのときの行動次第で、症状が悪化したり、それが原因で別の病気を誘発する危険性もあるので、安易に行動してはダメ。

【原因は?】

大きく分けて3つあります。

原因1・椎間板の断裂や椎間板ヘルニア
腰からお尻にわたる痛み、足の痺れや痛みが走る場合は、腰部の椎間板に何かしらの問題があると判断できます。

椎間板は、骨と骨に間にあるクッションの働きをするもので、加齢によって変形した骨に圧迫され椎間板そのものが断裂したり、押しつぶされて突出することで、神経を圧迫するのが要因です。

この場合、重い荷物を持つことで、急性腰痛症になるケースが一般的です。

原因2・椎間板症

髄核というゼリー状のモノを繊維輪というコラーゲンでできた組織で包むように構成されているのが椎間板です。
しかし、正常な構成は、年齢とともに崩れ、クッションとしての機能を果たせなくなります。

そのため、骨と骨が直接ぶつかってしまったり、骨の変形を進行させ慢性的な腰痛を発症するなどの要因となります。
この場合、朝顔を洗うため「前かがみなった瞬間」にぎっくり腰になったり、後ろから誰かに声をかけられて「体を捻った瞬間」などに急性腰痛症になることがあります。

原因3・圧迫骨折

加齢、更年期の女性、運動で過度に負担をかけてきた人などに多く、骨が弱くなっているのが原因です。
転倒、腰をひねる、などの動作で急性腰痛症となります。

【急性腰痛症になったらすぐ救急車を呼ぶべき?】

突然の激しい痛みでパニックになり、すぐに救急車を呼んだり、救急外来を受診する方がすごく多いですが、実はそれはあまり良い方法とはいえません。
なぜなら、急性腰痛症の初期の段階で出来ることは、安静にすることだけだからです。

その場合、万が一救急車で病院に搬送されても、ベッドに空きがなければ、帰宅を促されます。
また、医師によっては、時期に良くなりますので、安静にしてくださいね。と診断されるなど、いずれにせよ、一時帰宅はやむおえません。

痛みを我慢して病院にかけこんでも、超急性の腰痛症には、あまり意味がないのです。
ではどうするのが一番良い方法か。

それは、次の通りです。

1・楽な姿勢をとる
もっとも楽な姿勢は、猫のようなポーズ、もしくはエビのように腰を丸くする姿勢といわれています。

2・安静にする
痛みが治まるまでしばらく体を動かさないようにしましょう。

もしも近くに人がいる場合は、痛みや熱を帯びている部分をアイシングするのがベスト。
炎症は冷やすと痛みが少しずつ緩和されます。

ただし、同じ箇所を長時間冷やしすぎるのは禁物。
氷水で冷やしたタオルや冷湿布などを利用し、10分ほど冷やしたら5分外すを繰り返し続けてください。

3・2,3日後に受診する

早い人でその日のうちに、長くても2,3日では体が動くようになるので、そのタイミングで整形外科等を受診しましょう。
ただ、万が一、安静にしても痛みが治まらない、熱やしびれが出現する、吐き気、頭痛などがある、排便・排尿に異常がある、どんどん痛みが増す、という場合は、損傷が深い部分にまで及んでいる、もしくは別の病気の疑いもあるので、すぐに病院へ連絡してください。

4・接骨院を利用する

痛みは少しずつ緩和されているけど、一人ではどうしても不安という場合は、出張整体等のサービスを利用するのもおススメ。
特に骨のスペシャリスト柔道整復師は、急性腰痛症の諸症状ケアに対する豊富な実績があります。

手技をメインとしているため、薬等の不安もありません。
また施術をうけることによって、回復も早まるので、お近くの接骨院にご相談しましょう。

佐野市 急性腰痛症なら、「Dr.style」にお任せください。

佐野市 すべり症

すべり症と診断されたけど、どんな病気なのか、どんな治療が必要なのかまったくわからないと不安を抱えている方のために、すべり症の原因や症状、治療や予防法などを紹介します。

【すべり症とは】

腰の骨が「滑っている」状態をすべり症といいます。
でも滑るって一体どういった状態なのか、理解できませんよね。

では、さらに詳しく説明しましょう。
私たちの背骨は、まるでいくつかの積み木を重ね合わせたように構成されています。

ひとつひとつの積み木が崩れないよう、通常は椎間関節やじん帯などでがっちり固定されています。
しかし、この支えが壊れてしまうと、ひとつひとつの積み木がグラグラになり、どちらかに滑ってしまいます。

腰の部分で骨がすべると、腰椎すべり症、脊椎で発生すると脊椎すべり症、と部位によって名称が異なります。

【すべり症の原因は?】

原因として考えられるのは

・変形性腰椎症による骨の変形
・腰椎分離症による骨の構成の不安定性
・先天性(うまれつき)
・外傷性(怪我によるもの)
・病気

などがあります。

腰椎の変形で発生するすべり症のほとんどが加齢です。
骨や関節が変形したり、軟骨(椎間板)が減ることが原因。

分離すべり症の場合は、運動選手など腰に負担をかけている方にみられます。
例えば、腰にかなりの負担をかけるピッチャーなどは、骨へのダメージが日々加わることで疲労骨折が発生。

さらに骨がもろくなることで、折れてすべる、という状態になります。
先天性の場合は、腰椎の一番最後の骨や仙骨の支えが生まれつき変形することですべりやすくなります。

スポーツで怪我をすることで腰の骨が折れ、もろくなることですべりやすくなります。
最後に悪性腫瘍など腰の骨が破壊される病気を患った場合も、すべり症を発症します。

【すべり症ってどんな症状?治療法は】

腰痛や足のしびれ、痛み、筋力の低下、さらに間けつ性はこうや、残尿感、頻尿、便秘などの排泄機能のトラブルが起こります。
一度滑った状態を元に戻すためには、手術しかない、と思い込んでいる方も大勢いますが、実は接骨院等の施術で改善出来ます。

痛みがひどく、日常生活にもすでに支障をきたしている場合、もしくは手術を検討している場合は、その前に一度接骨院の施術を体験してみるといいでしょう。
思いのほか、高い効果を実感し、体にメスを入れることなく、元通りの健康を取り戻すことができるかもしれませんよ。

今すぐにできる方法としては、少しでも痛みや違和感を感じたら、絶対に無理をしないこと。
また疲労は明日に持ち越さない、というのが最大の予防です。

疲労が少しずつ蓄積されると年齢問わず、骨やその周辺の組織の老化を急速に進めて、すべり症のリスクを高めます。
そのため、疲労はその日のうちに改善することがすべり症予防、悪化を防ぐ第一歩です。

血行を促進することで、各細胞や筋肉に栄養を届けて、強く丈夫な骨を形成できるので、体を温める半身浴は最適。
体を芯から温める半身浴は、疲労回復効果も高く、すべり症対策には抜群の効果を発揮します。

その他にも加齢による老化を防ぐため、若いうちから適度な運動を心がけるようにしてください。

佐野市 すべり症なら、「Dr.style」にお任せください。

佐野市 ぎっくり腰

ぎっくり腰を経験した方は、その痛みがどれほどのものか、お分かりですよね。
とにかく痛すぎて、体を微動だにできない、声を出すことができず、どうしようかとその場で、愕然とする方も少なくありません。

また、一度ぎっくり腰になってしまうと、仕事や日常生活にもかなりの影響を及ぼすため、1日でも早く治したいと思うが一般的。
ただ、どんな治療法が有効なのか、ぎっくり腰になってしまったらどうしたらいいのか、ぎっくり腰って予防はできないのか等対処法や治療法がいまひとつ分からない方が多いのも事実です。

そこで今回は、改めてぎっくり腰の対処法や治療法などをまとめてみましたので、参考にしてください。

【ぎっくり腰になったら「安静」だけではダメ!?】

痛みのため、微動だにできない、といえ、ずーっと安静にするのではありません。
もちろん、ぎっくり腰になった直後の超急性期は、体を無理に動かすことで炎症が悪化する危険性があります。

そのため、少しでも痛みを感じない姿勢を見つけて、安静にする必要があります。
しかし、何時間も、何日も「安静」にする必要はありません。

むしろ1日でも早くぎっくり腰を治したいなら、動ける範囲で活動を開始した方がベストです。
ただし、無理は禁物。

いきなりストレッチをしたり、ジョギングや筋トレといった動きはいけません。
再びぎっくり腰になる危険性があります。

まず、ベッドで横になっている状態から体を起こす場合は、いきなり上体を起こすのではなく、両足をベッドから出し、床に着地させて、それから体をベッドの縁近くに回転させながら近づき、両手で体を支えながらゆっくり起き上がりましょう。

この動きは、加齢により骨の老化、筋肉の質が低下している方にもおススメの「起床時の動作」なので、抑えておくといいでしょう。
2,3日で、ぎっくり腰の痛みは徐々に治まり、慢性の腰痛になりますが、1週間のハードな運動は禁物。

この時期は、お散歩程度のウォーキング、軽めの水中ウォーキング、ストレッチやヨガ、などで体をならすようにしましょう。

【痛み止めの薬、湿布は使ってもいいの?】

ぎっくり腰に対する痛み止め、湿布は問題ありません。
超急性期の痛みを我慢するよりも、1秒でも早く治すため、これらの薬を使用することは大事です。

しかし、皮膚から薬の成分をしみこませて使用する湿布のほとんどが、胃にダメージを及ぼす成分が使われているので、長期間かつ大量に使用することは禁物。
医師の指示、容量用法をしっかり守るようにしてください。

薬の副作用が心配な方は、手技をメインでぎっくり腰の痛いを軽減する接骨院などはすごくおススメ。
わずか1回の施術で痛みが治ったり、ぎっくり腰の根本原因に直接アプローチできるなど、多くの方に支持されています。

【もしぎっくり腰になったらどうしたらいい?】

万が一、自分の身、もしくは家族、身近な人がぎっくり腰になったら、正しく対処できますか?
そのときに慌ててしまわないよう、今のうちにぎっくり腰対処法を覚えておいてください。

まず、ぎっくり腰は、腰の捻挫なので、「冷やす」のがベスト。
諸説ありますが、冷やすことで、炎症を抑え、痛みがスーッと和らぎます。

ただし、長時間同じ箇所を冷やし続けてはいけません。
10分から15分ほど冷やしたら、少し休んで、再び冷やすを繰り返し行い、患部の熱がとれたら、今度は温めて血液の流れを促しましょう。

それでも痛みが治まらない、余計に痛みがひどくなった、という場合は自己判断せず、すみやかに医師もしくはお近くの接骨院でご相談ください。

佐野市 ぎっくり腰なら、「Dr.style」にお任せください。

佐野 整体 評判

メニュー・アクセス方法 / お客様の声 / 電話をかける

こんにちは(^O^)ドクタースタイルのドシダです!

ドクタースタイルは昨年9月オープンからもうすぐで1年が経とうとしています。

沢山のお客様にご利用頂き感謝の気持ちでいっぱいです(^O^)

さて、ではどういったお客様の層が多いのでしょうか?

・9割は女性(20代10%、30代20%、40代30%、50代30%、60代10%)

・長年の辛い腰痛、頭痛を伴うつらい肩こり、産後の骨盤矯正、手術を宣告された変形性の症状(膝、股関節)、四十肩を治療せずに固まってしまい腕が上がらない

またダイエット美容、辛い症状はないが定期的なメンテナンスetc

当院の最大の特徴は・・・

【佐野市唯一の筋膜ケアが受けられるお店】です。

なかなか良くならない症状が筋膜の癒着を剥がすことで

改善することは多々あります。

今までまだ筋膜の施術を受けたことがない、または受けてみたい!

そういったお客様のご来店お待ちしております☆

最後までお読み頂きありがとうございました<m(__)m>

———————————————————————————————————————–

Total Body Care Dr.style【トータル・ボディ・ケア ドクタースタイル】

栃木県佐野市高萩町466-6 ディアコート102

0283-25-8209【電話番号】

yusuke.m.yusuke25@gmail.com【メール予約】

【アメブロ】

【Facebook】

【Youtube】

■佐野市、足利市、小山市、栃木市、さくら市、宇都宮市、下野市、鹿沼市、下都賀郡、塩谷郡、古河市、結城市、館林市、太田市、加須市、久喜市などからお越し頂いております。

■骨盤矯正、腰痛、ぎっくり腰、背中の痛み、肩こり、頭痛、四十肩、膝痛、股関節痛、女性疾患、首の痛み、寝違い、ダイエット、スポーツ障害etcなどお任せください!

 

 

 

 

 

 

line友達登録