佐野市 整体院なら腰痛 骨盤矯正が得意な「Dr.style」

佐野市 整体院なら腰痛 骨盤矯正が得意な「Dr.style」佐野市 整体院なら腰痛 骨盤矯正が得意な「Dr.style」

施術実績No.1
完全予約制
イオンタウン佐野1F
栃木県佐野市浅沼町742
MailMail
受付:9:00〜20:00(最終予約19:00)
定休日:日曜 祝日
施術実績No.1
完全予約制
佐野市 整体院なら腰痛 骨盤矯正が得意な「Dr.style」
イオンタウン佐野1F 栃木県佐野市浅沼町742
お客様 大満足の声
当院が 選ばれる理由
BLOG 院長のブログ
facebook LINE@ エキテン

カテゴリー: 佐野市筋膜整体・筋膜の特徴

なんで筋膜グリップがおすすめなの?

みなさん。こんにちは。齋藤でっす。

 

本日は、なぜ筋膜グリップを推すのか。

についてお話しします。

 

従来の治療は痛いところを施術したり、電気を当てたりと、そんなところです。

しかし筋膜グリップは違うんです。

大きな違いは、根本治療!!

根本治療??とは

0A09700E-447E-4116-9D03-0E9A2598E686

例えば腰が痛い場合、腰をやってもらいたい気持ちはありますよね?しかし本当に腰に原因があるのか??と言うところ。

今まで治療してきたけどよくならなかった

それは方法は試したけど施術する場所はどうです?

電気、針、指圧、をずーーっと腰にやっていませんでしたか?

もし腰に原因があるならそれだけしっかり治療してたら良くなっているはずなんです。

施術者もプロですから。

しかし、よくなったり悪くなったりを繰り返していたり、あまり効果が無いなと感じた方

施術する箇所はいつも同じ。ではありませんでしたか?

もちろん来院頻度や生活習慣も見るべき箇所ですが重要なところは施術内容。

私たちは違う角度から痛みの原因を探し施術をすることを得意とし、さらに生活習慣、仕事内容で良くないもの。やって欲しいこと。などすべてこちらでお教えしています。

癖になってるか、知らず知らずやっているので悪い習慣が悪いと気付いてないのです。

 

そこを変えていけば体は劇的に変わっていきます。

 

少しでも興味を持った方。是非ご連絡してみて筋膜グリップを体験してみてください。

友だち追加

↑こちらからDr.styleのLINE@に登録ができますのでこちらからのご連絡、ご予約が可能になっていますので是非ご利用ください!

なぜ治療しなきゃいけないのか?

みなさんこんにちは。スタッフの齋藤です。

本日はなぜ治療院で治療しなきゃいけないのかについてです。
E2CD82FD-5207-4EDB-96FB-0E1D8B55C525

例えばどこかに痛みがある場合。
ほったらかしていたら勿論慢性化もしますし、常にその痛みや違和感を感じながら生活しなければいけません。

時期に治るだろうとほったらかして治る事もまぁありますが、なってしまった以上今後ならないとは限りませんよね。生活の中でのダメな事。仕事などでしている悪い習慣を直さないと再発の可能性はかなりあります。

しかし、自分じゃそんな事わからない。
だから直すだけの目的ではなく、今後ならないようにする為にも治療院で治療をしなければいけないのです。

ではどうやって治療院を探すのか?
B3EA51A9-7395-4033-93D1-85E9B8917CE4
今ブログを見てる方はネット検索をして見ていただいていますよね。

しかし、1番信頼できるのは家族や、友人、職場の人の生の声です。

直接聞くことにより細かいところやその人が感じた印象をよりダイレクトに聞くことができます。

それと、そこを教えると言うことはその治療院は少なからずその人にとって勧めたい気持ちがあって、感じ方は人それぞれですが、いい治療院 ということになります。

ぜひ周りの人に聞いてみて下さい。
なにか必ず見えてくるはずです。

1人で悩む時間は無駄無駄。
47721214-5266-4459-87B5-711B22491C81

 

<a href=”https://line.me/R/ti/p/%40dii3141y”><img height=”36″ border=”0″ alt=”友だち追加” src=”https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png”></a>

筋膜グリップについて

こんにちは。スーパースタッフ齋藤です。

皆さんに筋膜グリップを知っていただきたいので
前にも書きましたが筋膜グリップについていろいろ書いていきます。

まず筋膜グリップは体の中を覆っている一枚の大きな膜(筋膜)にアプローチをして痛み、違和感、動きの悪さなど様々な症状を改善できる手法です。

筋膜リリースはよく耳にすると思いますが、そこの違いといえば筋膜を剥がしやすい位置へ体を動かし、そこまで力を加えずにでも筋膜にアプローチができるというところです。

力をそこまで加えない分、施術後のもみ返しなども少なくお体自体に負担は少なくできるのも特徴です。

そして自律神経や、歯ぎしりなど抜けずらい癖も筋膜施術をすると整えられていくのも他の整体との違いにもなっていきます。

あと皆さんが気になるのは 「で、いくらなん?」というところ。

自費治療になりますので1回あたり40分で5000円or7000円頂いております。(コースにより値段が変動します)安く感じるか、高く感じるかは人それぞれでしょう。

来院される方はマッサージや電気治療とコストを抑えて今までやっていたが、よくならなかったという方も多く見られます。

私たちは値段以上の筋膜グリップの価値を知っているのでこの値段ですので、ぜひ一度体験してみてください。

筋膜◯◯◯◯との違いは何!?!?

前回のブログの続きっぽくはなりますが

筋膜◯◯◯◯とは筋膜リリースになります。

「筋膜リリースは聞いたことあるけどグリップなんて聞いたことないぞ!!」

と思われる方も多いと思いますが、その違いを詳しくお話しします。

最初に目的は一緒です。
筋膜の癒着を剥がし、痛みや違和感、動きの悪さなどを改善していきます。

違うのは施術内容です、筋膜リリースはゴリゴリと筋膜を剥がすので意外と痛かったり、揉み返しが来てしまう可能性があります。

反対に筋膜グリップは筋膜を剥がしやすい角度に体を動かしながら剥がしていきます。

なのてわあまり力を使わず、負担の少ない技術となっております。

 

1番は自分に合う施術を受けるのがベストですが、気になった方は一度施術を受けてみてください!!

これをみてる今。してるかもしれません。

寝ている間に行ってしまう噛みしめや歯ぎしりは“注意のしようがない”ですし、マウスピースで歯ぎしり対策に効果を期待するといった考え方は理解できません。

マウスピースを使えば、確かに歯は守られますし歯茎に対する衝撃や圧力が減ることは考えられます。

だからといって噛みしめてしまう癖を軽減させる道理にはつながりません。

反対に、マウスピースの厚さの分、顎が開いた状態になりますので、呼吸の可能性がでてきますし、噛みしめる筋肉(=そしゃく筋)には余計に力が入ってしまうのではないかと思えてしまいます。

噛みしめてしまう理由を二つの側面から考えてみる
①エネルギー循環が悪い可能性

 私たちは馬鹿力を出そうとするとき、歯を食いしばって最大限の力を発揮しようとします。

それは噛みしめる筋肉(=そしゃく筋)が全身筋肉の司令塔のような役割をしているからです。

先ずそしゃく筋を収縮させることによって全身に力がつたわります。ポカンと口を開いたままでは強い力を発揮することは難しくなります。

 また、例えば鉄棒にぶら下がったとして、最初のうち、手や腕などが疲労していない間は歯を食いしばることもなく平然と鉄棒を握り続けることができます。

ところが手や腕が疲労してきますと口元に力が入り出し、いよいよそれだけでは耐えきれなくなりますと歯を強く食いしばって頑張ろうとします。

 この2つの現象の時、一つはエネルギーをたくさん回して強い力を発揮しようとする時、もう一つは筋肉が疲労状態になっていてそのまま放置すると今のからだの状態を維持できなくなってしまう時、私たちは食いしばったり、噛みしめたり、歯ぎしりをするのかもしれません。(心理的ストレス状態などを除いて)

まず筋膜整体って??

本日は筋膜グリップと他の施術法の違いを簡単にいくつかご紹介します。 ん?そうだったの?と思う点もあるかもしれませんがここでまた理解を深めましょう。

まず筋膜グリップとは?

体全体を覆っている一つの薄い膜(筋膜)に
アプローチをしてその箇所の痛みであったり、痛い場所とは別の場所からそこの痛みを取ることができます。

揺らしたり、筋肉に沿って施術を行い筋膜の癒着(筋肉、筋膜同士でくっついてしまっている状態)を元の位置へ戻し痛み、違和感をなくしていく。

痛みだけではなく寒風摩擦と同じように皮膚下の細部にも刺激が届き風邪予防などにも効果的です。

筋膜リリースとの違いは?

簡単に言うと筋膜にアプローチしやすい位置へ四肢を移動させた状態で施術をするのが筋膜グリップになります。 ローラーや器具を使うという手法があるのがリリースになります。

揉みほぐしとは?

体を整えること、という意味でもみほぐしのお店でも使われてしまうことがありますから
実際には何の違いもない施術内容になってしまいます。
そういったお店は整体と言ってもものすごく安かったりしますので注意が必要です。

なるべく安く長い時間施術を受けたい方向けになります。

もう一つは【整体】=【カイロプラクティック】の日本語訳として使っている場合。

カイロプラクティックとはアメリカ発症の手技療法で、筋肉のみならず骨格(関節)の可動にアプローチしていく療法です。
いわゆる【骨格調整】とか【骨盤調整】などはこれに当たります。

など世の中には様々な治療法があります。
なので私はよく 自分に合った施術法 をしっかり見極めることが大事 と考えております。

いろいろ試した中で自分に合う施術法を見つけてしっかりとケアすることが何より大切なのです。

膝のここ!痛くないですか??

こんにちは。Dr.style齋藤です。

当院でよく来られている膝の痛み。

なかでもみなさん左膝の内側の痛み気になるようです。

長時間歩くのが辛い

曲げ伸ばしが辛い

変形性膝関節症で軟骨がすり減っている

ヒアルロン酸の注射を打っているがよくならない

と様々な理由があります。

特に注射に関しては、外から物を入れているので、治すというよりかは現状維持に近い状態です。

減っては足して減っては足しての繰り返しになるので改善はあまり見込めないのが現実です。

当院では筋膜に則って膝の可動域はもちろん、股関節と足首にも着目し、施術を行っています。

股関節と足首に関しては、膝が悪い分そこにかなりの負荷がかかっているかつ、膝をうまく動かすには股関節と足首の動きも良くなければしっかり動くことはできません。

ですので膝の治療だから膝だけというわけではなく、他の場所もしっかり施術していきます。

腰のここがピンポイントで痛いっっ

皆さんこんにちはDr.style齋藤です。

腰のここがピンポイントで痛い!

という方いらっしゃいませんか??

仙腸関節症という名の腰痛かもしれません。

519CFCA9-B76A-4D5E-B63B-46A2244980DF

中腰での作業や不用意な動作、あるいは繰り返しの負荷で関節に微小な不適合が生じ、痛みが発生します。

治療としては骨盤ベルトや注射などもありますが

筋膜を利用して関節を動かし痛みを取ることもできます。

放置するのが一番最悪なパターンでもありますので是非治療院で施術をいち早く受けることをお勧めします。

骨盤が歪んでいる??どうしたら?

皆さんこんにちはDr.style齋藤です。

本日は骨盤の歪みについてです。

まず骨盤が歪んでるととどうなるか?

骨盤が歪みやすいのは女性であり、特に産後は歪みやすいのは皆さんご存知ですよね。

そして歪んでしまうと、姿勢の悪さや体型が悪くなるのもご存知でしょう。

じゃあどうしたら良いのか?

まず立ち方について、育児の中で前屈みや、片足重心になっている方が多く見られます。
これをしてしまうと体のバランスが崩れ、より崩れやすく、治りにくい体になってしまいます。

よく、ももの外側が太ってしまうというのを耳にしますが、太ってしまっているのではなく、ももの外側しか使えない状態になっているので筋肉がついてしまっていることを指します。

女性なら、スキニーパンツなどを履くときにあまり脚が太いとは思われたくないはずです。

そのためにも、放置はせず気になったらすぐに施術を受けた方がよろしいかと。

放置すると産後に比べ治す時間が圧倒的に変わってきて、最終的に諦めてしまうパターンが多いのも現実ですので自分でどうするかというより、任せてしまった方が手っ取り早いのです。

ここはどんな施術を??

みなさんこんにちはDr.style齋藤です。

本日はここの施術内容をお教えします。

我々がしている筋膜の施術はあるラインに基づいて施術をしています。

そのライン施術についてお話しします。

まずお腹側のフロントライン
お腹の腹直筋だったり、前ももの部分であったりと
比較的このラインが良くない人は背中側が引っ張られて、腰痛、猫背、首の痛み、肩こりなどにお悩みです。

次に背中側のバックライン

背中の広背筋、裏ももなどが悪い状態の方などで、この方はフロントラインが悪くずっと猫背な方は背中側の筋肉がずっと張っている状態なのでフロントラインを取らないとバックラインも取れないという事になります。

次に横の面、サイドライン

上腕二頭筋だったりももの外側の面の状態が悪い方。
姿勢、立ち方の問題で多くは足のももの外側のに出る方が多いです。 片足重心、ガニ股などで外側の筋肉しか使われない状態なので体のバランスも崩れがちです。

最後は体がねじれているラセンライン

上腕三頭筋であったり、ももの内側の筋肉が悪い状態の方。
捻るという動作がうまくできなかったりする方。
非常に多いラインでもあります。
筋肉がうまく使えてなかったり、筋膜の癒着が激しい方はほとんどこのラインに当てはまります。

ラインは バック、フロントライン
バック、サイドライン
ラセン、フロントライン

と組み合わせで施術をしておりその状態により手技が変わっていくのも特徴です。

施術の際にも説明をしながらするので自分の体がどのタイプで自己管理をする際にどうしたらいいのかというのもアドバイスをしながらやっていきます!

line友達登録