「ウォーキング」
適度なウォーキング、これを続けると病気の多くを防ぐ事が出来ます。

1つ目は歩く事で体温が上がり免疫力こ向上、平均体温が1℃上がると、免疫力は約6割上がるといわれます。

2つ目は睡眠の質が改善し、成長ホルモンの分泌が活発化する事です。成長ホルモンには脳細胞を破壊する老廃物を除去する作用がありますので将来の認知症リスクが下がります。

高齢者に多い病気の原因、血管の老化ですが、適度なウォーキングをする事で血流の活性化により血圧を下げ、血管の柔軟性を保つ効果もあります。

しかし、カラダの正しい使い方を出来てない状態で無理して歩き過ぎると逆に足腰を痛める可能性があります。
なので、カラダを正しく使える状態に戻し適度なウォーキングをする事が大切です。
健康な状態を維持したい方はぜひDr.Styleまでお越しください!
お待ちしてます!

投稿日: 2018年4月14日 | カテゴリー: 佐野市筋膜整体・ダイエット |